進化する歯医者の技術|無痛で治療を受けられる

カラフルな歯

歯を失った際の治療法

女性

天然歯を、ほぼ再現可能

失った歯を補う最善の治療法は、インプラントです。なぜなら、失った歯を補う治療法は他にもありますが、歯の噛む能力を再現できるのはインプラントだけだからです。例えば、入れ歯でしたら歯茎の上に乗せているだけですし、ブリッジは両隣の歯に固定しますので、強く噛むと両隣の歯に負担がかかってしまいます。歯は強く噛めてこそ歯の役割を果たせていると言えますから、インプラントが最善だと言えるのです。インプラントは人工の歯根を歯茎に埋め込み、その人工の歯根に人工の歯を装着するという治療法になります。歯茎に埋め込まれた人工の歯根は、顎骨に固定されます。従って、強く噛んでも大丈夫であり、そればかりか、この構造が天然の歯と良く似ていますので、天然の歯と同等の強さで噛むことができ、噛む感覚も天然の歯とほぼ同じとなります。

医療費控除が負担を軽減

ただ、問題となるのが治療費です。インプラントは現在のところ、保険適用条件が非常に厳しい治療法ですので、一般的な治療ですと保険適用外の治療、治療費全額自己負担の治療となります。それでも、そもそもの治療費が安ければ助かるのですが、最先端治療のインプラントはそうはいかず、自由診療なので治療費は歯科によって異なりますが、相場では1本30万円程度してしまいます。ただ、この高額な治療費を軽減させる方法はあります。医療費控除という制度があり、年間に10万円以上の医療費の支払いがあれば受けることができます。そして、医療費控除を受ければ納税の際に優遇されることになりますので、実質治療費が軽減されるというわけです。